忍者ブログ
勉強とか、本の感想とかでしょ? それはどうかな。 えっ、違うの!? 内容見ればわかるって。 なんだ、やっぱそうなんじゃん。
  カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  最新記事
(02/26)
(02/02)
(01/23)
  最新CM
[10/24 まぁ]
[10/24 通りすがりの人]
  最新TB
  プロフィール
HN:
まぁ
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/10/29
職業:
しがない大学生
趣味:
読書
  ブログ内検索
 
お問い合わせは→martell_pegasus@hotmail.com

GundamWar Ring
[前へ] [ランダム] [次へ]

  終わり
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
2017/06/27 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006/10/14 (Sat)

試験にはあまり見かけない万有引力ですが、ひょこっと出てきたら泣けてくるので手をつけておきます。
でも出ないでしょ。たぶん。


万有引力といえば、まずはケプラーの法則です。ケプラーの第一法則は「楕円軌道であること」であり、受験にはそんなに関係してないことなので、ふーんといいながら軽くスルー。重要なのは第二法則と第三法則です。
第二法則は「面積が同じ」です。もう少し詳しく言えば、惑星が描く単位時間当たりの軌道の面積は、ドコをとっても同じっていう話です。太陽と惑星の距離をr、惑星の動く速度をvとして式にしてみれば
1/2rvsinθ=一定
という話になるわけです。

第三法則は「楕円軌道の半径の3乗と周期の2乗の比は、すべての惑星について一定である」です。これは先ほどと同じく、太陽と惑星の距離をr、惑星の公転周期をT、比例定数をkとおいて式にすると
T2=kr3
で表すことができます。この式は、主に公転周期を求めるときに使います。っていうかそれ以外に使ったことがありません。

めったに見ないだけに忘れやすい万有引力ですが、この話と万有引力の法則F=GMm/r2さえ覚えていればおっけいです。万が一忘れてしまったときは、出題されないことを試験前に祈るほかないようです。

PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *